2013年12月16日月曜日

米空母ロナルド·レーガンの乗員51人が福島原子力事故救助活動に参加した後、甲状腺癌、白血病、脳腫瘍を発症する。 2013年12月12日(木)20時

私は、人生で一番本気にならないといけない時は今だと思っています。
放射能が難しくてよくわからない人は、この図表だけでも見てください。

それなのに、全く本気にならないまま、流されている国民が殆どという現実がこの国の病巣だと思います。また、それも、危険を承知でもどうにもできない方々については、本当に無念だろうと思います。
全くもって現実を受け止めないまま、福島原発放射能事故前と同じ生活ができると、頑なに、現実を見ようとしない、知ろうともしない大人たちには辟易とします。

Facebookから転載します。

Via Mika Noro shared

小児甲状腺がん多発に対する警告! ~医師・科学者・市民~'s photo.
みなさん、絶対に読んでください。

彼らも人体実験の的にされた可能性があります。
そして、すでに発症してしまっています。
同じような病気にこの2年半の間にかかった方!
手を上げなければいけません。
これは国境と民族をこえた
被ばくという暴力を、されるがままで生きるか
それとも服従しないのか。
そういう選択の問題です。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=628930083820523&set=a.628930787153786.1073741828.616262305087301&type=1&theater

米空母ロナルド·レーガンの乗員51人が福島原子力事故救助活動に参加した後、甲状腺癌、白血病、脳腫瘍を発症する。 2013年12月12日(木)20時
51 Sailors from USS Ronald Reagan Suffering Thyroid Cancer, Leukemia, Brain Tumors After Participating in Fukushima Nuclear Rescue Efforts
http://www.turnerradionetwork.com/news/99-pat

東日本大震災後に太平洋上で救援活動を行った米空母ロナルド·レーガンの20代半ばの乗員が放射線に起因する病状を訴えている。すでに海洋に大規模な放射能汚染が広がっていたことを乗員の誰もが気付かず、空母に装備された海水から塩分を取る淡水化システムで飲用水、入浴、調理をまかなっていたようだ。
Crew members in their mid-20's from the aircraft carrier USS Ronald Reagan are coming down with all sorts of radiation-related illnesses after being deployed less than 3 years ago to assist with earthquake rescue operations off the coast of Japan in 2011. It looks as though the onboard desalinization systems that take salt out of seawater to make it drinkable, were taking-in radioactive water from the ocean for the crew to drink, cook with and bath-in, before anyone realized there was a massive radiation spill into the ocean.

空母ロナルド·レーガンの乗員を代表する弁護士、チャールズ・ボナーは「乗員は水に飛び込んで人びとを救出するだけではなく、キャプテンが高レベルの放射線に被曝していることを警告するまで、彼らは塩分が抜き取られた海水を飲み、入浴していた」と述べる。
Charles Bonner, attorney representing sailors from the USS Ronald Reagan said "the crew members were not only going to the rescue by jumping into the water and rescuing people out of the water, but they were drinking desalinated sea water, bathing in it, until finally the captain of the USS Ronald Reagan alarmed people that they were encountering high levels of radiation.”

ボナーはこの被曝によって51人の乗員が多数の健康被害を被ったという。「彼らは精巣がん、甲状腺がん、白血病、直腸および女性生殖器からの出血があり、これらの症状は以前に罹患したことのないものだ。完全な視力を持っていたパイロットが今や脳腫瘍を患っている。同行してから、まだ3年しか経っていないのに」。ボナーは乗員が21、22、23歳という若者であり、家族の中でこれらの種類の病気を患った人は今までに誰もいなかったことを指摘した。
Bonner says that as a result of this exposure, the 51 sailors have come down with a host of medical problems, "They have testicular cancer, they have thyroid cancers, they have leukemias, they have rectal and gynecological bleeding, a host of problems that they did not have before ... people are going blind, pilots who had perfect eyesight but now have tumors on the brain. And it’s only been 3 years since they went in." Bonner pointed out that these service men and women are young people, ages 21, 22, 23 years old and no one in their family had ever suffered any of these kinds of illnesses before.

東京電力と「真実の隠蔽を共謀した日本政府」を相手取って、現在、51人の乗員は訴訟の原告となり、ボナーはまもなく20人の乗員を追加して、合計で70人から75人の原告団を組織する予定だ。
At present, 51 sailors from the USS Ronald Reagan are named as Plaintiffs in a lawsuit against the Tokyo Electric Power Company (TEPCO) and Bonner says he anticipates adding twenty additional Sailors soon, bringing the total to 70 to 75 because "The Japanese government is in a major conspiracy with TEPCO to hide and conceal the true facts.”

2013年12月12日に開催された日本記者クラブの会合では、福島原発事故時の元首相、菅直人が集まった記者に向かって衝撃的な告白をした。「(人びとは2011年3月12日のことだと思っているが)最初のメルトダウンは地震発生から5時間後に起きていた。」これは日本政府が深刻な放射線放出があることを知っていたにも関わらず、救援活動に加わっていた米海軍には伝えなかったことを意味する。福島原発事故の新たな一面を取り上げた私たちの記事はこちらを参照 http://www.turnerradionetwork.com/news/110-pat
In an utterly shocking admission at a meeting of the Japan Press Club on December 12, 2013, the former Prime Minister of Japan, Naoto Kan, who was in-office when the Fukushima disaster took place, told assembled journalists "[People think it was March 12th but] the first meltdown occurred 5 hours after the earthquake." This means that the government of Japan KNEW there was horrific radiation being released, but did not tell the U.S. Navy which had deployed the aircraft carrier USS Ronald Reagan to assist with rescue efforts. Our story covering this new aspect of the Fukushima incident is available HERE http://www.turnerradionetwork.com/news/110-pat

米軍機関紙「星条旗新聞」によると、原告の1人はダニエル・ヘアー第三級下士官であることが分かった。地震が襲ったとき、ヘアーと乗員は韓国に向かう途中だった。彼らはすぐに方向転換し、被災地へ向かった。「私たちが入隊したのは、窮地にある人びとを助けるためだ。」とヘアーは言う。
According to "Stars and Stripes" one Plaintiff in the lawsuit is Petty Officer 3rd Class Daniel Hair. When the earthquake struck, Hair and his Reagan shipmates were en route to Korea. They immediately turned around and steamed to the affected area. “There were people in distress,” he said. “This is what we signed up for.”

空母は見渡す限り瓦礫が散乱する海を通ったー木材、冷蔵庫、車のタイヤ、屋根の上に乗った人びと。ヘアーは大規模な津波被害を受けた福島県沿岸部から5〜10マイル沖のところにいたと伝えられた。
The Reagan passed through debris as far as the eye could see: wood, refrigerators, car tires, roofs of houses with people riding on them. Hair was told they were five to 10 miles off the coast from Fukushima, which had been damaged by a massive tsunami spawned by the quake.

船長が拡声器で海洋水が汚染されているから止めろと言うまで、乗員は淡水化された水を飲み、その水で入浴していたとヘアーは言う。換気装置までも汚染されていたと伝えられた。そして、実際には配布されていないにも関わらず、安定ヨウ素剤を渡されたことを証明する書類にサインするよう強制された、と彼は主張する。階級の低い乗員にしてみれば選択の余地など無いと思っていた。
Sailors were drinking desalinated seawater and bathing in it until the ship’s leadership came over the public address system and told them to stop because it was contaminated, Hair said. They were told the ventilation system was contaminated, and he claims he was pressured into signing a form that said he had been given an iodine pill even though none had been provided. As a low-ranking sailor, he believed he had no choice.

海軍は空母が放射能雲・プルームを通過したことを認めたが、ヘアーの申し立てについては詳細なコメントを避けている。
The Navy has acknowledged that the Reagan passed through a plume of radiation but declined to comment on the details in Hair’s story.

震災後まもなく、マイク・セボーン上級上等兵曹は配属先の厚木基地から三沢基地へ送られた。三沢基地は事故を起こした福島原発から200マイル離れている。彼は除染責任者として指名され、送り込まれてきた人員で航空機の表面汚染を測定した。
Shortly after the disaster, Senior Chief Mike Sebourn was sent from his home base, Naval Air Facility Atsugi, to Misawa Air Base, 200 miles from the faltering power plant. As a designated radiation decontamination officer, he dealt with aircraft and personnel that had flown into the area.

セボーンは、わずか2日間のトレーニングしか受けずに、航空機外板の7つのポイントの表面汚染を測定する任務を与えられた。彼と他の人員は手袋を唯一の防護の手段として、航空機の中を数ヶ月もうろついたという。ある時、彼らは1つの航空機から放熱器を取り、その表面汚染を測定した。防護スーツや防護マスクを着用すべきレベルの4倍もの汚染度だった、と彼は言った。
Sebourn, with only two days of training, was tasked with testing seven points on an aircraft’s skin for radiation. He and others crawled all over the crafts for months, he said, with only gloves for protection. At one point, he said, they took the radiator out of one aircraft and tested it. The radiation was four times greater than what should have required them to wear a suit and respirator, he said.

セボーンは放射線のレベルが「信じられないほど危険だった」という。「海軍航空隊は今までに放射線を扱ったことがなかった。誰も何をすべきかを知らなかった。誰も何が安全だったかを知らなかった。あれは悪夢だった。」
The level of radiation “was incredibly dangerous,” Sebourn said. “Navy aviation had never dealt with radiation before. Nobody knew what to do. Nobody knew what was safe. It was a nightmare.”

セボーンはその直後に放射能中毒と一致する症状である鼻血、頭痛や吐き気に苦しんだという。数ヵ月後、彼は右腕に脱力感を覚え、耐え難いほどの痛みが続いた。厚木基地で身体トレーニングの責任者が彼の腕を見たとき、およそ半分の大きさに衰えていた。
Sebourn said he suffered nose bleeds, headaches and nausea in the immediate aftermath — symptoms consistent with radiation poisoning. Months later, he felt weak in his right arm; excruciating pain followed. He said the command fitness leader in charge of physical training at Atsugi watched as his arm atrophied to about half its size.

「私は原因不明の問題を抱えている」とセボーンは言う。 「悪化し続けているようなものだ」
“I have issues that can’t be explained,” Sebourn said. “It just seems like I am deteriorating.”

セボーンは十数回以上、医師に診てもらったが、何が原因で個人トレーナーをやっていた彼が右半身の強さを70%も失ったのか、誰も分からなかった。彼は日本で17年過ごした後に引退した。
Sebourn said he went to doctors more than a dozen times, but no one knew what had caused the former personal trainer to lose 70 percent of the strength in the right side of his body. He retired after 17 years in Japan.

セボーンは自分の軍務記録の中に「放射線」という言葉をどこにも出さないよう警告された。例え放射線を扱うことが彼の仕事であり、放射線に被曝したとしても。被曝した部隊は軍務記録で警告を受け、内科的な疾患を追跡されるだろう、と彼は信じている。
Sebourn is alarmed that the word “radiation” doesn’t appear anywhere in his service record, even though that was his job and he was exposed to it. He believed troops exposed would be red-flagged in their service records and be tracked for medical problems.

ハフィントンポストによると、別の原告は、モーリス・エニス旧海軍補給係将校である。
According to "The Huffington Post" another Plaintiff in the lawsuit is former Navy Quartermaster Maurice Enis.

エニスは、こう回想した。損傷した原子炉から1〜10マイルの距離で周回し沿岸部に到着した後1ヶ月が過ぎたとき、空母の乗員は原発が影響を受けたという話を聞いた。 「当時でさえ、それは噂だった」と彼は言う。しかし、空母が日本を離れ、乗員が放射線防護をするように言われて、空母を除染していたとき、それは噂では済まなくなった。下士官乗員は一度も安定ヨウ素剤を服用するよう指示されたことはない、とエニスは言う。彼は後に上層部(将校およびパイロット)は放射線損傷から自分の甲状腺を保護するため安定ヨウ素剤を受け取っていたことを知った。
Enis says it was more than a month after arriving off the coast of Japan -- and circling at distances of one to 10 miles from the crippled reactors -- when sailors aboard the carrier got word that a nuclear plant had been affected. "Even then, it was rumors," he said. And it wasn't until the USS Ronald Reagan had left Japan and sailors were scrubbing down the ship that they were offered radiation protection. Enis said the enlisted sailors were never offered any iodine. He said he later learned the "higher ups" -- officers and pilots -- had received the tablets to protect their thyroids from radiation damage.

「彼らは、私たちの体調は問題なく、症状もないと報告したので、私たちはアメリカ政府を相手取って訴訟を起こすことが出来なくなった」と、エニスはハフィントンポストに伝えた。しかし、それはデタラメで、もはや選択の余地はないと乗員が怒りを共有している。
"They had us sign off that we were medically fine, had no sickness, and that we couldn't sue the U.S. government," Enis told The Huffington Post, recalling widespread anger among the sailors who saw it as "B.S." but who also felt they had little choice.

(編集者注:上記の事実があるにも関わらず、アメリカのマスメディアはこの申し立てについて何も伝えてこなかった。マスメディアが伝えない事実をターナー・レディオ・ネットワークが提供する、もう一つの例は下記のリンクから
(EDITOR'S NOTE: Despite the facts above, the mass-media in the U.S. has said nothing about this story. One more example of how the Turner Radio Network "provides facts the mass-media won't.")


おまけの記事。

あわわわわわわ!!!!!
宮城のスギ林の土壌セシウム汚染濃度 1年で倍近い約4万3 千ベクレルに上昇 国の基準の5倍以上(河北新報) 
来年の花粉は核兵器では?

http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/317.html

2013年12月8日日曜日

【愛】Let's Eco! 足の裏からデトックス。発泡スチロールの箱と粗塩でリーゾナブルに体を温めながらデトックス(解毒)の御勧め

発泡スチロールの箱で足湯(粗塩入り)  足の裏からはたくさんデトックス(解毒)できます。くるぶしまで温めることがポイント。箱は縦長のがいいです。お湯を捨てる時に重いですから。蓋は足首の形にくりぬいてね。

お子さんと一緒に、発泡スチロールの箱の蓋に絵を書いて、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんへのクリスマスプレゼントにいかがですか?^^

ついでにもちろん、自分自身の分まで是非作ってくださいね。

自分自身の心を暖めて、体も温める。そして健康。笑顔。

本当の意味の幸せに繋がりますように。



http://youtu.be/h0m3f6O2cPs




I can't stop loving you!


追記

東京ディズニーランドツアーに行くのは、チェルノブイリツアーに行くということです。 

東京ディズニーランド汚染が進んでる。0.4μSv/h超えも
@rinqo 11年8月30日 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=274217